ヘルプ

宝登山神社

  • 1
  • 44

写真: 宝登山神社

写真: 宝登山神社の表札 写真: 宝登山(ほどざん)神社の鳥居

宝登山神社は、埼玉県秩父郡長瀞町にある宝登山にある神社で秩父三社のうちの一社です。
祭神は神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)
大山祗神(おおやまづみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)の3柱です。
宝登山神社の起源は、景行天皇41年(111年)
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の際に宝登山に登ろうとした時
どこからか現れた巨犬が道案内をしてくれ付いて行くと途中猛火に遭い逃げ場を失いました。
一行が立ち往生していると、巨犬が猛火に飛び込み
火を消し止めてくれたおかげで日本武尊達一行は無事頂上まで登ることがで
日本武尊はこの巨犬に大変感謝されましたが、気が付くと巨犬は姿を消していました。
この逸話から「火止山(ほどやま)」と呼ばれたのちに「宝登山」と呼ばれるようになりました。
巨犬が日本武尊達を猛火から助けてくれたことから火災盗難除け・諸難除けの御利益があり
また家内安全・金運招福・商売繁盛などの御利益もあります。

アルバム: 公開

お気に入り (1)

1人がお気に入りに入れています

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。