Help

ゴールスキー(1回東京8日 11R 第31回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

  • 306

Photos: ゴールスキー(1回東京8日 11R 第31回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

Photos: ホッコータルマエ(1回東京8日 11R 第31回 フェブラリーステークス(GI)出走馬) Photos: ワンダーアキュート(1回東京8日 11R 第31回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2014年(平成26年)2月23日(日)午後3時20分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-TX55

その他:この馬の父は2003年(平成15年)の皐月賞と日本ダービー(いずれもGI)の2冠を勝つも、翌年の淀の天皇賞・春(GI)の10着後に「競走馬のガン」とも言われる前浅屈腱炎と軽度の右前球節亀裂骨折が判明し無念の引退(競走馬登録抹消日は2004年(平成16年)9月20日)となったネオユニヴァース、母はニキーヤ、父方祖父はサンデーサイレンス、父方祖母はポインテッドパス、母方祖父はヌレイエフ、母方祖母はリラクタントゲストである。主な重賞勝鞍は2014年の根岸ステークス(G?)である。重賞はこれ1つだけだが、オープン特別の勝鞍には2013年(平成25年)のペルセウスステークスがある。この競走(フェブラリーステークス(G?))は伸びを欠き10着(優勝馬はコパノリッキー、準優勝馬はホッコータルマエ)、次走の阪神のアンタレスステークス(G?)はやはり伸びを欠き10着(優勝馬はナムラビクター、準優勝馬はトウショウフリーク)、初の地方遠征である次走の船橋のかしわ記念(G?)は4着(優勝馬はコパノリッキー、準優勝馬はセイクリムズン)、次走の浦和のさきたま杯(G?)も4着(優勝馬はノーザンリバー、準優勝馬はトキノエクセレント)、次走の中京のプロキオンステークス(G?)は6着(優勝馬はベストヴォーリア、準優勝馬はキョウワダッフィー)である。次走はまだ決まっていない。

E★エブリスタ版は<a href="http://estar.jp/.pc/_photo_view?w=23271746">コチラ</a>。

は<a href="http://db.sp.netkeiba.com/?pid=horse_detail&id=2007102676">コチラ</a>。

http://db.netkeiba.com/race/201405010811/">コチラ</a>。

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.