Help

ゼーヴィント(1回中山7日 11R 第58回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)出走馬)

  • 2
  • 397

Photos: ゼーヴィント(1回中山7日 11R 第58回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)出走馬)

Photos: タンタアレグリア(1回中山7日 11R 第58回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)出走馬) Photos: アウォーディー(15回大井(東京シティ競馬(TCK))4日 10R 農林水産大臣賞典 第62回 東京大賞典(GI)出走馬)

撮影場所:中山競馬場(千葉県船橋市古作1丁目1番1号)

撮影日時:2017年(平成29年)1月22日(日)午後3時18分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX90V

その他:この馬のパパは国内では2005年(平成17年)の皐月賞、日本ダービー、菊花賞を勝利し同年の年度代表馬になり2006年(平成18年)のジャパンカップと春秋の天皇賞、ラストランである有馬記念も勝利したディープインパクト、ママは当時はオープン特別だった2004年(平成16年)のオーシャンステークスを勝ったシルキーラグーン、パパのパパは競走馬時代は米国で活躍し(主な勝鞍はフロリダダービー引退後に日本で種牡馬に登録されるも2002年(平成14年)に黄泉の国に旅立ち種牡馬登録を抹消されたサンデーサイレンス、パパのママは英国で調教され競走馬引退後に日本に輸入され繁殖牝馬に登録中のウインドインハーヘア、ママのパパは米国競馬で活躍したブライアンズタイム、ママのママはデビューできずに競走馬登録抹消を言い渡されたシーヴィーナスである。主な勝鞍は1955年(昭和30年)から1967年(昭和42年)まで“残念ダービー”や“日本ダービーの敗者復活戦”と言われていた2016年(平成28年)の福島のラジオNIKKEI賞(GIII)である。この競走(第58回アメリカジョッキークラブカップ(GII))は2着で、連対数(優勝と準優勝の連続回数)は4である。
[http://estar.jp/.pc/_photo_view?w=24529612]
[http://im39a.estar.mbga.jp/0/939/504109939.5000.jpg]

Albums: Public

Favorite (2)

2 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.