Help

10.11.02.海晏寺(南品川)白井鳥酔墓

  • 1
  • 62

Photos: 10.11.02.海晏寺(南品川)白井鳥酔墓

Photos: 10.11.02.海晏寺(南品川)立入禁止墓所参道 Photos: 10.11.02.海晏寺(南品川)春秋庵白雄墓

白井鳥酔(しらいちょうすい、元禄14(1701)年~明和6(1769)年)は、江戸時代中期の俳人。上総国埴生郡地引の旗本知行所の郷代官を務める家に生まれる。本名は喜右衛門信興。享保6(1721)年、家督を継ぐが、享保11年に弟に家督を譲り、剃髪して江戸に出た。佐久間柳居の門に入り、俳諧に専念する。柳居とともに天明の俳諧復興の魁となった。
墓は千葉県長生郡長南町地引の正善寺に分骨墓がある。なお、五七日に集った門人たちは鳥酔の遺歯を分け合って、鳥酔と関わりのあった土地に供養することをそれぞれ約束し、現在でも鳥酔の供養塚がゆかりの地に残されている。
(おふたり。アチコチからコピペm(_ _)m ちょいアレンジw ┌(_ _)┐)
 海晏寺の代名詞?の、「松平春嶽」と「岩倉具視」の御墓は、一般人は御参りできません。

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.