Help

興禅院(川口市)本堂

  • 38

Photos: 興禅院(川口市)本堂

Photos: 興禅院(川口市)境内 Photos: 興禅院(川口市)鐘楼・梵鐘

被災繰り返し、現 本堂は大正9(1920)年。



興禅院(川口市)
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000081765805&owner_id=32815602
2013年03月24日 01:11
13.03.23.
瑞龍山 観音寺 興禅院。
鳩ヶ谷市大字里にある法性寺の末寺。
宗派、曹洞宗。
創建、天文15(1546)年。
開山、助天当益(法性寺三世)。
本尊、釈迦牟尼仏(※曹洞宗では、本唱名を称える)。(釈迦如来坐像で、新編武蔵風土記稿には恵心(源信)の作と記載されている。)

安行八景に選ばれており、梅、小楢、水芭蕉、桜、石楠花、花菖蒲、紫陽花、黄・赤・白色の彼岸花、紅葉ほか、季節の花が見所となっている。


埼玉巡回マップ→ https://drive.google.com/open?id=1n7FXl59z93Omd64JgBAzU4whzdY&usp=sharing


●摂社・末社――
せっしゃ・まっしゃ。神社本社とは別に、その神社の管理下にあり、境内または境外にある小祠・神社のこと。
摂末社と併せて言うこともある。枝宮(えだみや)・枝社(えだやしろ)とも言う。
現代は摂末社に関する規定は特にない。一般に、摂社はその神社の祭神と縁故の深い神、末社はそれ以外のものと区別される。格式は本社↓摂社↓末社の順となる。

※本社の境内(けいだい)にあるものを境内摂社、または境内社。境外(けいがい)に独立の敷地を持つものを境外摂社または境外社と言う。

※本社に対する分社のことを末社と呼んでいる記述を見かけるが、これは誤りだ。仏教寺院にある末寺の類推に過ぎないだろう。
(神仏混淆の影響と現代の宗教離れの影響で、神社と寺院の違いが分からなくなっているためだろう。)
古くは、仏教の末寺同様に、支配・被支配関係を持つ神社も存在したが、近代からは全ての神社が独立した組織となっており、基本的に本末関係は存在しない。
古代、被支配関係にある神社を末社と呼んだかどうかは定かでないが、八幡様は別宮などと呼んだ例外がある。


●合祀――
ある神社の祭神を、別の神社で合わせて祀ること。
ひとつの神社に複数の祭神が祀られている状態のこと(相殿)。
本殿で祭神を一緒に祀る“本殿合祀”、
神社の境内に元の神社を移築し境内社とする“境内合祀”、
離れた飛地境内に移転し境外社とする“飛地境内合祀”とある。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.